謹んで新春のお慶びを申し上げます。
会員の皆様におかれましては、コロナ禍の中、何かとご心配の事と存じます。
日頃よりは当協会に一方ならぬ思いをお寄せ頂き誠に有難うございます。
大変な新年の幕開け、皆様へのお知らせが行き届かずご無礼がございました事と存じます。心よりお詫び申し上げます。
昨年、現在と、長きに渡る covid-19 の脅威により、あまりに信じられぬ悪夢 が続いております。
昨年、九州ギター音楽協会は 65 年を越える長い歴史の中、先人達がご努力を 惜しまず積み重ねて来られた「九州ギター音楽コンクール」それから「九州ギ ターフェスティバル」の二大事業の開催延期を余儀なくされました
他の業界と同様、ギター界の活動も止まり、関係の皆様は大きな困難を抱え、窮 地に至っております。
しかしながら音楽の無い毎日、ギターの無い生活はありえ ません。私達は今を生き抜く為に一層のチームワークで労り合い、励まし合い、 ギターに対する愛情と熱意を失わせることなく、新時代の扉を開けて参りたい と存じております。
どうか今一度、九州ギター音楽協会へ夢と活力をお与え下さい。
前向きに諦めず、新しい文化活動の在り方を模索し、力を尽くして参ります。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

九州ギター音楽協会
会長 山口修